血液・脳関門

脳と血管の間には、血液中の必要な物質を脳に取り込み、不要な物質を排除するための機構が存在し、血液中の有害物質が脳内に入り込むことを防いでいる。これを血液・脳関門という。
血液・脳関門を形成する構造は次の3つである。
①毛細血管の内皮細胞(無窓性、互いにタイト結合で密着して物質の通過を遮断している)
②基底膜(内皮細胞を包む)
③星状膠細胞(突起で基底膜に密着)

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…