血液・脳関門

脳と血管の間には、血液中の必要な物質を脳に取り込み、不要な物質を排除するための機構が存在し、血液中の有害物質が脳内に入り込むことを防いでいる。これを血液・脳関門という。
血液・脳関門を形成する構造は次の3つである。
①毛細血管の内皮細胞(無窓性、互いにタイト結合で密着して物質の通過を遮断している)
②基底膜(内皮細胞を包む)
③星状膠細胞(突起で基底膜に密着)

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…