顎関節症

開口障害と咀嚼時の異常音を伴う顎関節の異常。歯のかみ合わせに原因があるとされていたが、近年では上下の歯を接触させている時間が長いほど顎関節症の発生が起こりやすいという説がある。開口訓練を受けることで大多数の症状が緩和するため、安易な歯列矯正は危険である。

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…