顎関節症

開口障害と咀嚼時の異常音を伴う顎関節の異常。歯のかみ合わせに原因があるとされていたが、近年では上下の歯を接触させている時間が長いほど顎関節症の発生が起こりやすいという説がある。開口訓練を受けることで大多数の症状が緩和するため、安易な歯列矯正は危険である。

注目の記事

初めての方へ

Web医学辞典メディペディアへようこそ!!この医学辞典は日本中の医師・歯科医師の知恵を結集して、自由に執筆でき、無料で利用できる電子医学辞典を創ろう!というアイディアが結実したものです。このアイディア …続きを読む…