顎関節症

開口障害と咀嚼時の異常音を伴う顎関節の異常。歯のかみ合わせに原因があるとされていたが、近年では上下の歯を接触させている時間が長いほど顎関節症の発生が起こりやすいという説がある。開口訓練を受けることで大多数の症状が緩和するため、安易な歯列矯正は危険である。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…