顎関節症

開口障害と咀嚼時の異常音を伴う顎関節の異常。歯のかみ合わせに原因があるとされていたが、近年では上下の歯を接触させている時間が長いほど顎関節症の発生が起こりやすいという説がある。開口訓練を受けることで大多数の症状が緩和するため、安易な歯列矯正は危険である。

注目の記事

dermoid cyst(成熟嚢胞性奇形腫)

≪概念≫ dermoid cystは成熟した三胚葉成分から構成される。嚢胞は重曹扁平上皮でできた強靭な嚢胞壁で覆われ、正常卵巣とは明確に区別される。嚢胞の一部は皮脂、毛髪、歯牙、骨、軟骨、神経組織、 …続きを読む…