高速フーリエ変換

高速フーリエ変換

Fast Fourier Transform

高速フーリエ変換(FFT)とは、離散的フーリエ変換と逆変換を高速に計算する手法のひとつ。

画像、音声、映像など各種のデータの処理で頻繁に用いられるアルゴリズム。

入力波形を複数のグループに分けて計算することで、計算順序を工夫し計算量を大幅に減少させうる。 信号の中にどの周波数成分がどれだけ含まれているかを抽出する処理のことを、フーリエ変換と呼ぶが グループの数をNとした時の演算の回数は、通常のフーリエ変換ではNの2乗に比例するが、FFTでは NlogN に比例する。つまり計算が激減できうる。

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…