高速フーリエ変換

高速フーリエ変換

Fast Fourier Transform

高速フーリエ変換(FFT)とは、離散的フーリエ変換と逆変換を高速に計算する手法のひとつ。

画像、音声、映像など各種のデータの処理で頻繁に用いられるアルゴリズム。

入力波形を複数のグループに分けて計算することで、計算順序を工夫し計算量を大幅に減少させうる。 信号の中にどの周波数成分がどれだけ含まれているかを抽出する処理のことを、フーリエ変換と呼ぶが グループの数をNとした時の演算の回数は、通常のフーリエ変換ではNの2乗に比例するが、FFTでは NlogN に比例する。つまり計算が激減できうる。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…