21-水酸化酵素欠損症

21-ヒドロキシラーぜ欠損症(21-水酸化酵素欠損症)とは、先天性副腎過形成(congenital adrenal hyperplasia: CAH)の1種で、グルココルチコイドとミネラルコルチコイドの欠乏と、アンドロゲンの過剰を呈する常染色体劣性の遺伝性疾患である。

副腎皮質ホルモンのうち、コルチゾールとアンドロゲンの合成に必要な21-ヒドロキシラーぜ(P450c21)が先天的に欠損することで、コルチゾールとアルドステロンが合成されない代わりに、アンドロゲンが過剰となるものである。そのため、アルドステロンの不足のために、Naの再吸収が減少するとともに、カリウムイオンと水素イオンの排泄が減少し、高カリウム血症、代謝性アシドーシスとなり、またコルチゾールの不足のために副腎不全によるショックを生じうる。この一方で、アンドロゲンの過剰により、女児では男性化徴候、男児では思春期早発症状が見られる。また、コルチゾールによるネガティブフィードバックが作用しないためにACTHが過剰となり、色素沈着と副腎の過形成を生じる。

21-ヒドロキシラーぜ欠損症は、新生児マススクリーニングの対象となっており、コルチゾールの原料となる17-OHプロゲステロン(これは通常、21-ヒドロキシラーぜによりデオキシコルチゾールとなる)の尿中の濃度が高値となるので、これを検出する。

21-ヒドロキシラーぜ欠損症の治療は、幼児期からのステロイド補充療法であり、また塩分喪失を防ぐために、食塩を与えるとともに必要に応じてミネラルコルチコイド(フロリネフ)の補充を行う。

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…