Sjögren症候群

ドライアイ、ドライマウス、唾液腺炎、関節痛などを呈する自己免疫疾患。1933年、Sjögrenがそれまでになされていた数例の報告をまとめ、一つの疾患概念として提示した。50-60台の女性に多い。慢性関節リウマチはじめ他の膠原病を合併する事も多い。

診断は眼症状、口腔症状、眼検査所見、唾液腺生検、唾液腺造影、SS-A,SS-Bの自己抗体などによる。診断基準としてrevised European-American classification criteriarevised European-American classification criteriaが広く用いられている。

また呼吸器障害、腎障害、血管炎、神経症状など多彩な症状を合併しうる。

根治法はなくそれぞれの症状に対し、対症的な治療がなされる。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…