u-japan構想

総務省が「平成17年度ICT政策大綱」において提示した、2010年にユビキタス・ネットワーク社会の実現を目指す基本構想。「2005年までに日本を世界最先端のIT国家にする」とのe-Japan戦略に沿って整備された情報通信基盤の上にあるべき日本のネットワーク社会を標榜している。 u-Japan構想では、「いつでも、どこでも、何でも、誰でも」ネットワークにつながる社会を実現するとともに、生活者からの要望がとくに高い「緊急時の安心・安全、医療の安心・安全、食の安心・安全」といった社会問題を情報通信技術(ICT: Information and Communication Technology)の面から解決するとしている。

総務省HP PDFバージョン http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/policyreports/chousa/yubikitasu_j/pdf/kihon040928_2_s2.pdf

HTMLバージョン

http://72.14.235.104/search?q=cache:oOX-at1xoucJ:www.soumu.go.jp/joho_tsusin/policyreports/chousa/yubikitasu_j/pdf/kihon040928_2_s2.pdf+u-japan%E6%A7%8B%E6%83%B3&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…