クローンES細胞

原理

未受精卵から核を除去し、体細胞の核を移植する。こうしてできたクローン胚が分裂して杯盤胞となった段階で、内部細胞魂をとりだし、従来の胚幹細胞と同様多能性及び自己複製能を獲得するに至った細胞株がクローンES細胞株である。

この技術はマウスでは成功しているが、霊長類ではまだ成功していない。

尚、上記クローン胚を子宮内に着床させて出生したものがクローン動物である。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…