クローンES細胞

原理

未受精卵から核を除去し、体細胞の核を移植する。こうしてできたクローン胚が分裂して杯盤胞となった段階で、内部細胞魂をとりだし、従来の胚幹細胞と同様多能性及び自己複製能を獲得するに至った細胞株がクローンES細胞株である。

この技術はマウスでは成功しているが、霊長類ではまだ成功していない。

尚、上記クローン胚を子宮内に着床させて出生したものがクローン動物である。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…