コンピューター自動診断

概要

コンピューター支援診断(computer-aided diagnosis:CAD)とも言う。マンモグラフィーと胸部X線自動診断の二つが古くから試みられていた。 それ以外にX線CT、大腸ポリープ、胃X線画像、頭MRI、乳腺超音波画像、眼底写真等のCADが現在各所で開発中である。一連の流れは次のとおりである。関連する注目の技術としては、シカゴ大学の開発した経時的差分像技術がある。

また最近では、テキストによる自動診断もいくつかでてきている。 MGHにより開発され、ハーバード大でも診療支援システムで使用されているDXplain のほか一般向けにハーバード大学が開発したSymptom checkerや対話式のMedgleが知られる。

歴史

一連の流れは次のとおり。

乳癌(マンモグラフィー)の自動診断の流れ

1985年:シカゴ大学により乳癌の自動診断機器の開発

1998年:R2 Technology Incによる上記システムの実用化・FDA認可される

1999年:上記の保険請求が可能になる

2002年:CADx Medical Systems「Second Look」、issicad inc「MammoReader」も認可される

☆胸部X線診断自動診断

1998年:Deus Technologies:「Rapid Screen」が開発される

☆内科診断ソフト MGHで開発されたDXplainがある。

関連リンク

CAD概論に関する簡単なレビュー

OpenCADプロジェクト

注目の記事

眼内レンズ縫着術

眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため、毛様 …続きを読む…