サルコイドーシス

sarcoidosis

原因不明、全身性に肉芽腫を形成する疾患。 発症部位として頻度が高いのは、眼(ぶどう膜炎)、肺(両側肺門部リンパ節)。中枢神経、心臓、腸管、骨、軟部組織どこにでも発症しうる。 現在のところ治療法のない慢性疾患であり、心臓と中枢神経の病変がもっとも生命予後に影響するので注意。

関連ページ

若年性サルコイドーシス

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…