サルコイドーシス

sarcoidosis

原因不明、全身性に肉芽腫を形成する疾患。 発症部位として頻度が高いのは、眼(ぶどう膜炎)、肺(両側肺門部リンパ節)。中枢神経、心臓、腸管、骨、軟部組織どこにでも発症しうる。 現在のところ治療法のない慢性疾患であり、心臓と中枢神経の病変がもっとも生命予後に影響するので注意。

関連ページ

若年性サルコイドーシス

注目の記事

dermoid cyst(成熟嚢胞性奇形腫)

≪概念≫ dermoid cystは成熟した三胚葉成分から構成される。嚢胞は重曹扁平上皮でできた強靭な嚢胞壁で覆われ、正常卵巣とは明確に区別される。嚢胞の一部は皮脂、毛髪、歯牙、骨、軟骨、神経組織、 …続きを読む…