上室性頻拍

≪病態≫

心房を起源とする異常電気信号により、脈の乱れた状態。

≪分類≫

異所性:上室性期外収縮

re-entry回路によるもの:発作性上室性頻拍(PSVT: paroxysmal supraventricular tachycardia)

micro-entry回路によるもの:心房細動(Af)

≪治療≫

PSVTでは、まずValsalva手技(息こらえ)にて迷走神経刺激を試みる。それでレートコントロールつかなければ、Ⅰa群抗不整脈薬(プロカインアミド、ジソピラミド)。

Afでは、Ⅰa群抗不整脈を用いて薬物的に除細動を行う。それでもsinusに戻らない場合、左房内に血栓がないことを確認してから、電気的除細動を行う。

WPW症候群による頻脈では、血圧低下がみられる場合は電気的除細動を、血圧が安定している場合は、Ⅰa群の抗不整脈にてレートコントロールを行う。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…