劇症肝炎

≪病態≫
肝炎のうち、症状発現後8週間以内に、高度の肝機能障害に基づき、肝性昏睡Ⅱ度以上の脳症をきたし、プロトロンビン時間40%以下を示すもの。

≪原因≫
ウィルス性(とくにB型肝炎ウィルス)が最も多い。他に、自己免疫性、薬剤性など。

≪治療≫
ステロイド(幹細胞壊死抑制)
シクロスポリン(肝再生促進)
インターフェロン(B型肝炎ウィルスによる場合)

≪合併症≫
DIC、腎不全、脳浮腫、感染症。

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…