培養皮膚移植

重症の熱傷やあざを治療する再生医療の一つ。患者自身の正常な皮膚を切手大に採取し、表皮細胞を分離・培養してシートを作成して患部に移植することで、拒絶反応なしに一週間程度で傷が治癒する。聖マリアンナ医科大学では、1985年から2008年までに555例の培養皮膚移植を実施し、全身85%の熱傷を負った子供の手掌から移植して成功した例もある。

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…