尿毒症(uremia)

〈概念〉

腎不全に、さらに嘔気、嘔吐、中枢神経症状、その他の症状が現れた状態。

腎不全により生体内に蓄積・不足する特定の物質によると考えられている。

通常、クレアチニン・クリアランス(Ccr)が正常の10%以下になると尿毒症症状を呈する。

〈好発〉

末期腎不全患者

〈症状〉

神経・精神症状:全身倦怠感、頭痛、意識障害、痙攣

呼吸器・循環器症状:uremic lung、うっ血性心不全、虚血性心疾患、貧血、易出血、高尿酸血症

消化管症状:悪心、嘔吐、口内炎、アンモニア性口臭、消化管出血、潰瘍

皮膚症状:かい痒症、出血班、皮膚出血など

〈検査〉

水・電解質異常、アシドーシス

BUNCr↑、Vit.D活性↓、EPO

〈治療〉

透析(血清K高値に注意!

注目の記事

初めての方へ

Web医学辞典メディペディアへようこそ!!この医学辞典は日本中の医師・歯科医師の知恵を結集して、自由に執筆でき、無料で利用できる電子医学辞典を創ろう!というアイディアが結実したものです。このアイディア …続きを読む…