樹状細胞

Dendritic cell : DC

特有の細胞突起を有する細胞で、MHC classII antigenを介する強力なantigen presenting cell (APC)である。

ヒトでは骨髄細胞(BMC;bone marrow cell).末梢血単核球(PBMC: peripheral blood mononuclear cell)から、マウスではBMC, spleen細胞から、分離/分化培養できる。

サブセット

おおまかには骨髄系樹状細胞myeloid dendritic cell (MDC)と形質細胞様樹状細胞plasmacytoid dendritic cell (PDC)の2つのsubsetに分類される。

一般的にMDCはCD11c陽性細胞として、PDCは CD123陽性細胞として分類される。PDCはIFN-alfa産生細胞としても知られる。

その他にも指状嵌入細胞interdigitating cell (IDC),ランゲルハンス細胞Langerhans cell (LC),ヴェ−ル細胞veiled cell (VC),真皮内樹状細胞dermal dendritic cell (DDC),胚中心樹状細胞germinal center dendritic cell (GCDC)なども樹状細胞の仲間である。

Immature DCとmature DC

Immature DC(iDC)はendocytosisにより抗原タンパクなどを盛んにとりこむことができるが、T細胞の活性能は低い。Toll-like receptors (TLRs)の刺激などを介してmature DCとなるが、培養においては、LPS, poly IC, cytokine cocktails (interferon-gamma (IFNgamma), tumor necrosis factor alpha (TNF-alpha), GM-CSF, IL-6等)などがmaturationに用いられる。

mature DC(mDC) は 、MHC II、 CD80 (B7.1)、 CD86(B7.2) (B7 receptor はCD28と結合するT 細胞活性化のco-receptor)などの発現が増強し、抗原提示およびT細胞を活性化できるようになる。

mDCは各リンパ器官、spleenに移動し、そこでT細胞を活性化する。一方 iDCはregulatory T cellの増加やT cell のanergy等によりtoleranceを誘導することが報告されている。また、培養系において、低濃度のGM-CSFなどで培養するとmaturationがおこらずiDSが得られやすい。これらのmDCやiDCは癌の免疫療法や自己免疫疾患、移植の拒絶反応抑制への利用が研究されている。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…