進行性核上性麻痺

進行性核上性麻痺(progressive supranuclear palsy:PSP)

脳、神経変性疾患の一種。基底核、小脳を主病変とする。 上下注視麻痺(特に下向き)や仮性球麻痺、錐体外路痴呆、痴呆などを呈する。 パーキンソン病との異同がしばしば問題となるが、パーキンソン病ではpursuitが障害されるのにたいし、進行性核上性麻痺ではsaccadeが障害されるのが一つの鑑別点になる。 中高年の男性にやや多く発症し、病名が示すように進行性、予後不良。

治療

パーキンソン病に準じた治療が行われるが多くは無効に終わる。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…