真菌性角膜炎

真菌性角膜炎(fungal keratitis) もしくは角膜真菌症(keratomycosis)

病態

真菌による感染性角膜炎。

原因菌

酵母菌:カンジダ(C. albicansなど)

糸状菌:フザリウム、アスペルギルス

治療

抗真菌薬の局所・全身投与。局所薬で、日本で市販されているのはピマリシン(点眼・眼軟膏)のみ。 ちなみに中国ではフルコナゾールの点眼が市販されている。そのため、注射剤(ミコナゾール、フルコナゾール、ミカファンギン)から自家調整して点眼を作成する必要がある。外科的治療としては治療的角膜移植がある。

視力予後

糸状菌による角膜炎は、薬物に対する反応が緩徐であるため、時に角膜穿孔などを引き起こす。

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…