門脈圧亢進症

≪病態≫
門脈系の血行障害により、門脈圧が上昇した病態。

≪症状≫
体循環系へ側副血行路と形成し、脾腫、脾機能亢進を生じる。
側副血行路としては、胃・食道静脈瘤。腹壁静脈怒張、内痔核などがある。
食道静脈瘤が破綻した場合、致命的な大出血を起こす。
また、肝内に血流がうっ滞すると、肝より腹水が漏出貯留する。

≪分類≫
・肝後性…右心不全、Budd-Chiari症候群
・類洞性…肝硬変
・前類洞性…突発性門脈圧亢進症
・肝前性…先天性、腫瘍

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…