網膜静脈閉塞症

分類

  1. 網膜中心静脈閉塞症(Central Retinal Vein Occlusion)
  2. 網膜静脈分枝閉塞症(Branch Retinal Vein Occlusion)

病態

網膜静脈が閉塞することにより発症する。網膜出血、黄斑浮腫、漿液性網膜剥離などを合併する。

治療

  1. 内服治療(循環改善薬など)。
  2. トリアムシノロン硝子体投与、トリアムシノロンテノン嚢下投与。黄斑浮腫改善に効果的であるが3ヶ月以内に再発することが多い。
  3. t-PA硝子体投与。(有効との報告あり)
  4. 硝子体手術(後部硝子体剥離作成など)。
  5. 抗VEGF抗体硝子体投与。(有効との報告あり)
  6. 網膜光凝固(汎網膜光凝固、網膜格子状光凝固など)

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…