網膜静脈閉塞症

分類

  1. 網膜中心静脈閉塞症(Central Retinal Vein Occlusion)
  2. 網膜静脈分枝閉塞症(Branch Retinal Vein Occlusion)

病態

網膜静脈が閉塞することにより発症する。網膜出血、黄斑浮腫、漿液性網膜剥離などを合併する。

治療

  1. 内服治療(循環改善薬など)。
  2. トリアムシノロン硝子体投与、トリアムシノロンテノン嚢下投与。黄斑浮腫改善に効果的であるが3ヶ月以内に再発することが多い。
  3. t-PA硝子体投与。(有効との報告あり)
  4. 硝子体手術(後部硝子体剥離作成など)。
  5. 抗VEGF抗体硝子体投与。(有効との報告あり)
  6. 網膜光凝固(汎網膜光凝固、網膜格子状光凝固など)

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…